確かな輝きサポート室

室方針

室長:早川 芳弘

長野JCは公益社団法人となり3年の時が経ちました。公益の本質は、自分たちがしたいことではなく、求められていることに基づいて運営を行うことにあります。その結果、運動に共感し、協力する人たちの輪が広がると考えます。そして、その公益性を高めるためには、今まで以上に自らが信頼される組織となり、これまで伝えきれていなかった長野JCのブランドを広く発信していく必要があります。また、今後もより多くの理解者や支持者を増やすために、組織内の活動の情報共有を図り、一層団結した組織として地域に密着することで、多くの方々の信頼に応えることが重要と考えます。
今年度、長野JCの根幹を支える役割を担う当室では、互いを高め合う情熱を持ち、メンバー全員が最大限の力を発揮するために縁の下の力持ちとなり、安心して事業を推進できるよう率先して行動します。そして、長野JCが地域の中で必要とされる組織となるべく、結束力が強く円滑で効率的な組織運営を行い、互いを磨き合う中で輝き溢れるメンバーをサポートして参ります。


総務財務委員会

委員長:安田 英俊

総務財務委員会には、長野JCが適正且つ円滑な組織運営を行うために総会、理事会の設営や運営、議案書や事業予算の精査、決算の管理など完遂すべき重要な役割があります。そのために我々は長野JCの様々な運動を推進する要となり、各委員会活動を支えることが必要です。さらに次代へ熱い想いを継承するメンバー一人ひとりが、より一層の相互理解を深め、長野JCを担う責任ある当事者として自覚を持つべく、一体感を持って運動を展開するLOM運営を行う鍵となる委員会であると考えています。また委員会運営においては、委員の積極的な参画を図り各種事業への責任感を持って、協同することが重要と捉えています。
委員とともに、限られた活動資金を有効的に活用されているか、幅広い視点を持ち円滑な財務運営と厳正な財務管理を行い、私たちが規範となることを心がけ、ルールはクールに友情はホットに一丸となってJC運動に取り組むことで、LOMを根幹からサポートして参ります。


広報委員会

委員長:篠田 光宏

広報とは組織の情報を受発信する機能を担っています。即ち全体を写す鏡でもあり、拡散するためのプリズムでもあります。鏡である事業検証は良い事業を生み出すために様々な角度から見つめ直す機会です。分析を行った上で、LOM全体に反映していきます。そして、プリズムとは広報活動の様々な手法であります。現状、長野JCは外部に対する発信力が弱いと感じます。広報の基本的な活動についても深化を加えることで、様々な色を分散するプリズムのように新たな効果を産み出します。その結果、情熱を注いで作られた多くの事業の実績、歴史に対し地域社会から賛同を得られることに繋がり、未来のJAYCEEに対し発展・成長できる機会を提供する上でも良い影響をもたらします。従って青年会議所の広報とはメンバーの責務でもあり、JC運動を推進する意思表示であると言えます。誰に対する広報なのかを常に念頭に置き、ルールに則った広報、そしてメンバーの想いに呼応する広報を推し進め、より多くの市民、地域社会に発信し、長野JCの存在意義の向上を目指します。