交流のこころ探求室

室方針

室長:松橋 和之

 長野のまちでは、様々な団体が多くの活動を展開していますが、交流してお互いを理解するという一体感を持ったまちづくりができていないのが実状です。ハード面と言われる建物やインフラが整備された今、人種間や地域間におけるコミュニケーションに代表されるソフト面の充実が課題であると感じます。
我々はより良いまちづくりを目指し、今まで以上に多くのまちづくり団体と交流する中で、市民が奥底に秘めた想いを感じ、理解を深め合うことで、協働したまちづくりについて模索して参ります。そして、多くの交流の機会によって個々の想いが渾然一体となった時に生まれるエネルギーは必ずや地域の未来を豊かにします。また、先輩方の想いが繋げてきた歴史ある交流事業を更に醸成させるための議論を怠らず、青年らしい好奇心と未来へと繋げる確かな想いを持った積極的な交流を推進します。長野JCが、まちづくりの主体者で有り続けるためにも、未来のまちを創造する機会を生み出して参ります。


広域連携委員会

委員長:増田 秀之

 長野市は様々な施設の整備が進み地域社会の利便性が増す一方で、人口減少や地域コミュニティの弱体化により、自らがまちづくりについて考える当事者としての意識や、住民同士の繋がりは希薄となっていると感じます。我々が目指すまちづくりとは、市民一人ひとりがまちに抱く理想を追求することや長野の魅力を見つけ、発信していくことであると考えます。そのために行政、団体、市民と交流する機会を創出し、ともに語り合うことで市民が創るまちづくりへと意識の向上を図り、人と人とが繋がることによって活気ある長野のまちを創り上げるためのエネルギーを生み出します。
現在の長野JCに脈々と引き継がれる連携のこころを礎に、更なる交流事業を推進するため、我々は強い信念と情熱のもと、地域や団体の枠に囚われない実りある連携、交流を模索します。そして様々なまちづくり運動を学び、発展的で持続的な長野のまちを構築するべく、我々が率先して長野の魅力を発信することで、市民自らが作り上げるまちづくり運動の創造に邁進して参ります。


国際交流委員会

委員長:松本 夏樹

 情報網の発達により、各国の情報を容易に入手出来る時代となりました。同時にグローバル化もより一層進み、日常生活においても外国の方と接する機会は自然と増えています。身近な国際交流の環境が整いつつある反面、交流の先に生まれていく相互理解、更には多文化共生に対し、関心が気薄になっているように感じます。各国の諸問題、言葉や文化の違いを越え多文化が共生する国際都市長野を目指す上で必要なことは、我々が自分たちの住む地域のことを更に理解し発信することだと考えます。外国の方に、地域の魅力を積極的に発信してお互いの理解を深めることで、交流の先にある多文化共生社会を目指します。
また、先輩方が積み上げてきたソウル江北JC、台中JCとの友好関係を更に深め、アイドゥルミッションでは子どもたちとともに訪韓し、国際感覚を身に付けた未来のリーダーを育成します。
今年度、国際交流委員会は長野市に住まう日本人と外国人の架け橋となり人対人の関係を大切にし、笑顔と感動を繋げるべく、チャレンジ精神を持って活気溢れる国際交流を推進します。