JCの魅力向上室

室方針

室長:加藤 大介

 長野JCは先輩方の情熱と高い志を基に、多岐に亘る事業を展開し、ひとづくり、まちづくりを行ってきました。受け継がれた活動は、メンバーが向上心と主体性を培う絶好の機会となっています。事業には様々な形と想いがあり、尽力するメンバーから努力と成果を感じ、切磋琢磨できる場であると考えます。しかし現在、メンバーの事業への参加姿勢を鑑みた時、事業への関わり方やその意義を見出せていないのではないかと感じます。なぜ青年会議所運動に参加するのか。その意義を今一度見つめ直し、目的意識を持たせることで自発的な参加意欲を生み出し、向上心を育みます。また、組織が代謝し続けることは長野JCの可能性を高め魅力向上に繋がります。長野JCの未来をLOM全体で真剣に考える上で、英知と勇気と情熱を持った青年を多く発掘し、仲間同士が磨き合い高め合う環境が今こそ必要です。
JCの魅力向上室は、限られた時間の中で多くのメンバーが集い、ともに認め合い、能動的に活動できる機会を創出することで、青年会議所運動を拡充して参ります。


例会委員会

委員長:増子 健司

 例会とは、参加する権利を有すると同時に参加する義務があり、長野JCの事業をメンバー全員で共有するための重要な機会です。事業は担当委員会だけが行えば良いものではありません。メンバーが例会を通して1年間行う事業を共有することで参加意識が芽生え、様々な意見と議論を重ねることにより更なる青年会議所運動へと発展します。しかし、現在の長野JCは国内でも有数の大規模LOMゆえに、誰が何の事業を行っているのか把握しきれていないように感じます。そこで、全委員会が担当例会を持つ本年、当委員会はメンバー一人ひとりに焦点を当て、顔の見える例会運営を目指します。そのために、担当委員会と積極的に連携し事業の把握に努め、より多くの担当メンバーが登壇することが出来る例会設営を支援します。例会で交流を深め、互いに影響し合うことが各事業への積極的な参加に繋がります。まさに人とひととが磨き合い、成長するための機会となるよう例会を通じて青年会議所運動を推進して参ります。


会員拡大委員会

委員長:小林 賢行

 長野JCは63年の輝ける歴史の中で幾多の運動を展開し長野のまちの発展に寄与して参りました。先輩方が成し得た多くの事業を我々は責任を持って継承や深化させ、明るい豊かな社会へと紡いでいかなければなりません。そのためには志ある青年を多数発掘し継続して迎え入れていくことが重要です。
会員拡大委員会では、今年度入会候補者の方々に長野JCの魅力や志、真摯に活動する姿をわかり易く伝える工夫をして会員拡大に繋げていきます。また、正会員全員と意識を共有し拡大運動は大切な全体事業であることをしっかりと発信します。正会員承認への確実な道筋を照らすため、新入会員には例会や事業への積極的な参加を促し、半年間で更に青年会議所の意義や価値そして魅力を理解した能動的なJAYCEEへと導きます。そのために、各委員会と連携し新入会員の状況の把握に努め、常に適切なフォローを心がけます。そして、「人とひととの繋がり」を大切にし、無関心や無責任といった昨今の風潮を打破することのできる強い組織を作るべく邁進して参ります。